手や首にできるイボはなに??病気の可能性も!?

手のシミ?実は「イボ」かも

手のシミでクリニックを訪ねる方の半数以上がシミではなく老人性イボ(指漏性角化症)です。

色は淡褐色や黒色などさまざまで、少し隆起して表面がザラザラと凹凸しているのが特徴。

全身に見られます。

遺伝的素因や紫外線による影響でできると考えられていますが加齢による皮膚の老化現象のひとつでもあるため老人性疣贅とも呼ばれます。

時間の経過とともに徐々に大きくなって隆起し、2~3cmになることも。

気になる人は皮膚科医に相談を。

保険診療では液体窒素による凍結療法が一般的ですが、シミが残りやすいためC02レーザーで、の治療が向いています。

首にできた小さくて茶色いイボは?

首やデコルテに小さいイボのようなものが現れたら、それは「アク口コルドン」かもしれません。

これは皮膚の良性腫蕩です。

別名老人性イボ。

早ければ30歳ごろからでき始め、加齢とともに増えて、ゆっくりと盛り上がってきます。

原因は皮膚の摩擦などで、皮膚の老化現象のひとつとされています。

色は薄だいだい色、褐色系、黒色系で、濃さもさまざま。

大きさは1~数mmくらいで、わずかに盛り上がるものからイボ状に突出しているものまであります。

顔や首、デコルテによく現れますが、わきの下やビキニラインにもよく見られ、全身どこでも発生します。

チェックしてみましょう。

アクロコルドンを取ることはできるの?

アク口コルドンが増えると、美しいネックラインが、台無しになり老けて見えたり、ネックレスが引っかかって気になることも。

セルフケアで治すことは難しいのですが皮膚科での治療は可能。

炭酸ガスレーザーや手術用はさみを使って除去する治療法が主流です。

隆起した部分のみを炭酸ガスレーザーで蒸散させ、皮膚表面をごく浅く削り取ります。

傷はすりむいた程度の浅さなので、傷痕をほとんど残さずきれいに治ります。

液体窒素で凍結させる治療は保険適応ですが炎症後の色素沈着(シミ)が残ることがあるので審美的にはあまりおすすめできません。

目の下にできるクマの種類と対処法

疲れて見える「くま」の種類

目の下の黒ずんだ部分を「くま」と呼び「茶ぐま」「青ぐま」「たるみぐま」の3種類があります。

くま対策はタイプ別に考えるとよいでしょう。

ただし、多くの場合、これらのいくつかが重なっています。

茶ぐまには美白剤や美白化粧品を

シミや色素沈着のある皮膚が茶色く見えるのが茶ぐま。

紫外線の影響、アイメイクの刺激、クレンジングの摩擦による炎症と色素沈着が原因です。

美白化粧品でのお手入れと、皮膚科での美白剤を使った治療がおすすめです。

紫外線対策をしっかり行うことと、摩擦などの刺激から肌を守ることが予防になります。

茶ぐまをメイクでカバーするときは、イエ口ー系のコンシーラーを塗ります。

伸びがよいタイプを使い、肌にポンポンと置いてそっとなじませます。

こすらないように注意を。

青ぐまには血行を促すケアを

下まぶたの皮膚が薄いため、静脈血の色味が透けて見えるのが青ぐま。

寝不足やストレス、冷え、加齢などの影響で目立ちやすくなります。

一時的な症状は睡眠やマッサージで改善できます。

ただし、加齢により、皮膚が薄くなってしまったことで症状が悪化している場合は、コラーゲン密度を高める医療系照射治療などでしか治すことはできません。

青ぐまをメイクでカバーするときは、伸びがよいオレンジ系のコンシーラーを使いましょう。

肌にポンポンと置いて、そっとなじませます。

こすらないように注意を。

たるみぐまは保湿&抗酸化対策を

目の下の皮膚を指で少しだけ下に引っ張ると、くまが消えるのが「たるみぐま」。

加齢と光老化によりコラーゲン線維やエラスチンが劣化し、皮膚がたるむことで起こります。

ヒアル口ン酸や皮下脂肪の量が減ることで凹みによる影ができると、より一層影が目立つことに。

さらに頬がやせ、支持組織が伸びてしまうとゴルゴ線が出てきます。

十分な保湿と紫外線対策、抗酸化対策でたるみを加速させないようにしましょう。

たるみぐまを目立たせなくする治療としては、伸びてしまった皮膚を引き締める医療系照射治療と凹みをボリュムアップさせるヒアル口ン酸注射がおすすめ。

黒ずみクリーム 口コミ

寒い時期に起こる症状にはどんな根本原因が?

なぜ赤ら顔になるの?

寒い外から室内に入ったときに、頬が赤くなりやすい人がいます。

また、精神的な動揺で頬がポッと赤くなる人も。

これらは、赤ら顔(主細血管拡張症)といい、毛細血管の拡張によって起こる反応です。

通常、毛細血管は肌表面には見えませんが毛細血管が何かの理由で広がったり増えたりして、その部分に血液がとどこおると血管が赤い糸状に見え、全体的に赤く見えるのです。

おもな原因としては、皮膚が薄いなどの体質のほか、気温の寒暖差、アルコールや香辛料などの摂りすぎ、紫外線などがあります。

また、女性は閉経前後に悪化しやすいこと、偏頭痛を伴う例が多いことから、血管を拡張させたり収縮させたりする血管運動神経の異常が考えられています。

とくに寒い地方では寒暖の差が激しいため、拡張と収縮が頻繁に繰り返されるうちに収縮力が弱まって、毛細血管が拡張したままになりやすいのです。

対策としては、室内に入ったときの寒暖差を緩和するため寒い日は帽子やマスクをつけて外出したり、アルコールや香辛料の摂りすぎと紫外線に注意しましょう。

また、気になる人は、皮膚科で行うレーザー治療により、過剰な毛細血管を壊して、赤みを改善することもできます。

「冷え」はなぜ肌に悪いの?

冷たい風が吹くこの時期、冷えを感じていませんか?

人のからだは脳や内臓を守るため、自律神経により、中心部の温度が35℃以下にならないように調整されています。

そのため、寒さを感じると体温を逃さないように全身の血管が収縮し、血流が悪化します。

とくに、露出部の手足や体表(肌)は、冷気にさらされやすく冷たくなりやすい部位です。

健やかな細胞をつくるために必要な栄養分をすべて運ぶ血流。

これが悪くなるのですから、冷えが続くと肌細胞は栄養失調ぎみに。

代謝が下がり、細胞の機能がタウンし、むくみやくま、乾燥などが、起こってくるのです。

ストレスも冷えを加速させる原因に

からだの冷えは外気温度の低下だけでなく、エアコンの効いた部屋に長くいる、運動不足、食事を抜く、湯船につからない、喫煙といった生活習慣によっても起こります。

また女性に多く見られるのがストレスによる冷え。

ストレスがかかると交感神経が優位になり、血管が収縮してしまいます。

さらにたんぱく質の分解が促進されるため、熱をつくり出す筋肉へたんぱく質が十分運ばれなくなり、ますます冷えを加速させます。

冷えを感じたら、からだを温め、たんぱく質をしっかり摂り、自分なりのストレス解消法を取り入れ、スローストレッチなどの運動を毎日しましょう。

乾燥対策にはセラミド配合化粧品がおすすめ?

乾燥しやすい肌にはセラミドを

肌の乾燥で困っていませんか?

この季節、どうしても肌が乾燥してしまう人には、使っているクリームをセラミド入りに変えるか、セラミド入りの美容液を毎日のお手入れにプラスすることをおすすめします。

保湿成分の中でも保湿力がもっとも高いのがセラミドです。

角質細胞間脂質の代表格であり、水分を強力に挟み込んで保持する特性があります。

とくにアトピー性皮膚炎の人はセラミドが普通の人の3分の1しかありませんので、セラミドを補うことがバリア機能の改善につながります。

ア卜ピー性皮膚炎になっていなくてもア卜ピー素因のある人は、セラミド入りの化粧品を使うことをおすすめします。

また、ア卜ピー素因のある子どもの乾燥対策にも役立ちます。

このような対策をしても肌が乾燥する人は、保湿のお手入れ以外に原因があるかもしれません。

皮膚科医に相談しましょう。

化粧品に含まれるセラミドの名称

化粧品の成分表示にある「ビオセラミド」「セレブロシド」「ウマスフィンゴ脂質」は、動物由来の天然のセラミドです。

「セラミド1」「セラミド2」などは、酵母を利用してつくられるヒト型セラミド。

ほかにも、米ぬかなどからつくられる植物性セラミド、石油原料からつくられる合成セラミドなどがあります。

セラミドとしての働きはほとんど変わらないので、どれを選んでもよいでしょう。

温泉後は上がり湯&保湿クリーム

温泉に行く予定はありますか?

美肌の湯と呼ばれる温泉にはとくに魅力を感じるのではないでしょうか。

多くの「美肌の湯」は、アルカリ性で重曹成分、ナトリウムイオン、炭酸水素イオンを多く含み、角層のたんぱく質をやわらかくするという特徴があります。

お風呂上がりに肌がすべすべとした印象をもつのは、こうした特徴があるからです。

しかし、気をつけたいことがあります。

温泉に含まれる成分によっては、肌への刺激になる場合があるのです。

とくに脱脂作用がある硫黄泉には注意を。

昔、薬がない時代に、皮膚のただれを乾燥させるために硫黄泉は役に立っていました。

つまり、それだけ肌を乾燥させる働きがあるのですから、1日に何度も繰り返し入浴し、上がり湯をせず、保湿クリームもつけずにいると、肌はカサカサになります。

また、重曹泉(炭酸水素塩泉)にも皮脂を溶かす働きがあります。

入浴後、肌がぬるぬるしてきれいになったように感じるかもしれませんが、自分の皮脂が溶けているだけなので、やはり上がり湯と保湿クリームがないと、乾燥してしまいます。

どんな種類の温泉に行くときでも保湿クリームを十分に用意し、入浴後は上がり湯をしたあと、顔とボディーにたっぷり塗るようにしましょう。

イボの基礎知識「種類と特徴」をご紹介

イボにも種類があるの?

イボで悩んでいませんか?

疣贅(イボ)はヒトからヒ卜へ感染する皮膚病で、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で生じます。

現在、HPVは150種類以上も異なるタイプがあるといわれており、感染したHPVのタイプにより尋常性疣贅、青年性扇平疣贅などが発症します。

イボができたらほうっておかず、皮膚科で診てもらいましょう。

代表的なイボの種類

●尋常性疣贅
皮膚科医が狭い意味で「イボ」というのはこのタイプ。

手足にできることが多く、えんどう豆大までの隆起性結節で、表面がガサガサしている。

爪の周囲はささくれが生じやすく、HPVが侵入し、イボができやすい部位。

足の裏のイポは体重がかかるため、あまり隆起せず、深く入り込むのが特徴でミルメシアと呼ばれることもある。

●青年性扇平疣贅
平滑で表面が平坦な褐色調のイボ。

顔、手の甲、予結(ひざから足首まで)にできやすく、青年期の女性に多く見られる。

●尖圭コンジローマ(性器イボ)
性行為や類似行為によって感染し、肛門周囲、外陰部、口腔内(口の中の空間内)に生じるイボ。

●ミズイボ
HPVウイルスではなく、伝染性軟属腫ウイルスというまったく別のウイルスが原因

イボの治療法は?

イボの治療法は凍結療法が一般的です。

難治性のものには炭酸ガスレーザー、くりぬき法、クルタルアルデヒドなどの外用療法、接触免疫療法、ヨクイニン内服療法なども行います。

保険診療で行われる液体窒素凍結療法は、1~2週間の間隔で繰り返し施術する必要があり、強い痛みを伴います。

炭酸ガスレーザ一治療は、病変部のみを蒸散させるので、治療期間は短く、メスを用いる手術よりも圧倒的に傷口はきれいに仕上がります。

最近ではロングバルスNd:YAGレーザ一高出力照射の有効性も報告されています。

イボはうつるの?

イボの原因はウイルスなので感染する可能性を秘めています。

しかし皮膚や粘膜は、解剖学的な構造や免疫の働きなどさまざまなバリア機構で守られており、健康な皮膚や粘膜には感染しにくいと考えられます。

ただし皮膚や粘膜が傷ついている場合、また免疫力が何らかの理由で低下している場合は、イボができやすかったり、治りにくくなるようです。

ア卜ピー性皮膚炎などで皮膚のバリア能力が低下しているときにはとくに注意が必要です。

手あれやささくれなどの小さな傷からもウイルスは侵入するので、イボができやすい人は手足の保湿を欠かさないようにしましょう。

顔にたくさんのイボが…

「顔にイボのようなものがたくさんできた」という場合は青年性扁平疣贅の可能性があります。

これはヒトパピ口一マウイルス(HPV)の感染によってできる良性腫蕩で、若い女性の顔や手によく発生し、自覚症状はありません。

少し盛り上がった薄だいだい色や褐色で、大きさは2~5mm程度。

ケブネル現象(外傷や紫外線照射などの刺激で皮疹が現れること)があるので顔剃りは厳禁。

突然、赤みが出てかゆくなると急速に症状が消えることがあります。

しかし難治の場合もあるので、気になる人は皮膚科ヘ。

治療は、ヨクイニンエキスなどの内服や、炭酸ガスレーザ一手術など。

目のまわりの白い粒は稗粒腫かも

目のまわりや頬、額などに白い小さな粒状のできものができたら、稗粒腫という女性に多く見られる良性の皮膚腫疹かもしれません。

別名、毛包性貯留嚢胞とも呼ばれ、真皮内に嚢胞性に拡張した毛包があり、中に角質などがたまったものです。

これは皮膚の炎症や傷がきっかけとなり、毛包、皮脂腺、汗腺などが壊れたあと、治癒する過程で生じるといわれています。

良性なので放置しても構いませんが、気になる場合は皮膚科に相談を。

局所麻酔使用後、針や炭酸ガスレーザーで、小さな穴を開け、内容物を圧出する簡単な処置で取ることができます。

美容皮膚科と皮膚科の違い…選び方は?

美容皮膚科と皮膚科の違いは?

皮膚科は皮膚の病気を治療します。

美容皮膚科は皮膚科の中でも美容に特化し、皮膚の病気の治療に加えておもに患者さんが希望する「今よりもよい状態の肌」に変える治療をします。

皮膚科は、基本的に保険診療を行います。

美容目的の診察や治療は自由診療となり、診察費はクリニックによって異なります。

美容皮膚科医は保険の適応にならない最新治療を自由に組み合わせて効果を最大に高める工夫ができます。

しかし医師の経験や説明にかける時間などで効果や満足度に差が出ることも。

美容皮膚科で診察を受ける前には事前にホームページなどで診察方針や価格設定を確認を。

美容皮膚科医の選び方

美容皮膚科医を選ぶときは少なくとも5~6年は一般保険診療の経験があり、皮膚科専門医の資格を取っている先生がよいでしょう。

専門医になるには日本皮膚科学会の正会員として皮膚科専門医研修を5年間行い、専門医試験に合格することが必要です。

また論文を書いているかどうかもチェック。

論文を書くためには数多くの文献を読まなくてはいけないので、勉強しているかの判断基準になります。

そして患者さんの幸せを最優先に考え、必要のない治療は必要ないとはっきりいってくれる先生は信用できます。

人間的な相性も大切ですが経歴などもチェックして選びましょう。

美容皮膚科で使われる機器は?

美容皮膚科で使われる美容機器は、大きく分けて以下の5種類があります。

患者さんの希望や症状に合わせて、医師は単独で使用する場合もあれば、数種類を組み合わせたり、治療注入治療などほかの治療と組み合わせることもあります。

●レーザ一治療

狭い面積にエネルギーを集中させることができるレーザー光を用いた治療。

シミやほくろ、あざなどの治療などに使われる。

機器にはC02レーザー、アレキサンドライトレーザ一、ヤグレーザ一、ルビーレーザーなどがある。

●光治療

IPLと呼ばれる特殊な光を肌に照射する治療。

シミ、くすみ、ニキビ、赤ら顔などを少しずつ改善させる。

面的照射により皮膚全体の状態をマイルドに底上げする。

●高周波治療

高周波(RF)の熱エネルギーを利用した治療法。

皮膚深部から皮下組織、脂肪層にまで熱刺激を与えることができる。

痩身、シワ・たるみ治療などに使われる。

機器にはスマスアップやサーマクールなどがある。

●超音波治療

超音波の熱エネルギーを用いた治療法。

スマス筋腫膜を収縮させ、コラーゲン密度を高めることで、たるみ治療に高い効果がある。

機器にはウルセラシステムなどがある。

●近赤外線治療

長波長光である近赤外線を用いた治療法。

真皮層にある水分を温めることでコラーゲンを収縮させたり、新しくコラーゲンを生成させることができる。

機器にはタイタンなどがある。

表情ジワ以外にも有効なボトックス治療!

表情ジワにはボトックス注射

一世を風摩したアメリカのテレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の中で「オトコと違ってボトックスは裏切らない」というサマンサの台詞はまさにこの治療の特徴を表しているのではないでしょうか。

ボ卜ックス注射は、A型ボツリヌス毒素という成分を表情筋層に注射し、その収縮を抑えることで表情ジワを治療するものです。

欧米人は表情が豊かなので、20代前半からシワが目立ち始めます。

そのためか、20年以上アメリカでは美容医療の中でも人気ナンバーワンを誇ります。

表情ジワを一瞬よりにくくするだけと思われがちですが実は、今後表情ジワが深くなるのを予防することができる、未来への投資となる治療法といえます。

ボトックス注射によりシワがきざまれる回数が少なくなれば、それだけ深くなりにくくなるからです。

実際ある一卵性双生児の例で、ボ卜ックス治療を13年間定期的に受けた妹と、2回しか受けなかった姉では肌老化に歴然とした違いが現れました。

視力が悪くて眉間のシワが早くから目立つなど悩んでいる方には、早いうちに、できれば20代後半から始めることをおすすめします。

ただし、残念ながらきざまれてしまった折りジワはボトックス注射で目立たなくさせても、消し切ることはできません。

ヒアルロン酸など、ほかの治療法との複合治療が必要になります。

また、妊娠・授乳中の女性や当日の体調などでボ卜ックス注射ができないケースもありますので、事前に医師とよく相談をしてください。

わき汗にもボトックス

表情ジワの治療で名高いボトックス注射ですが気になるわきの汗や、笑ったときに歯ぐきが見える「ガミースマイル」の治療にも使われています。

わきの場合、わきの下の皮虜に細い針で細かくボトックスを注射します。

神経終末のアセチルコリン放出を抑制し、エクリン汗腺から出る汗の量を抑え、わきがの軽減効果もあります。

施術時間は10分程度。

外周麻酔がよく効くので痛みもチクチクする程度。

ダウンタイム(日常生活の制限)もほとんどありません。

1週間後ごろから効果が出始め、約半年程度持続します。

見えすぎる歯ぐきにもボトックス

笑ったときに歯ぐきが見える「ガミースマイル」の場合、上唇の引き上げをコントロールしている上唇挙筋群にボトックスを注射します。

この筋肉の働きをやわらげることで、歯ぐきが出にくい状態にします。

極細の針で両頬に2か所ずつ少量注射するだけなので、痛みや腫れなどタウンタイム(日常生活の制限)もほとんどありません。

効果は徐々に現れ、約2週間で効果が安定。

その後は徐々に効果が失われていき、半年に一度の追加が必要になります。

繰り返すことでくせが改善し、効果の持続時間が長くなります。

笑顔に自信がもてるようになると人気の治療です。

ニキビの治療には保険適用外のケミカルピーリングが有効?

保険適用外のニキビ・ニキビ痕治療

保険適用外のニキビ治療として、もっともよく行われるのがケミカルピーリングです。

毛穴の入り口の詰まりをマイルドに溶かすことで、ニキビの悪化を防ぎ、治療を早めるだけでなく、新生を予防します。

また、ニキビ痕の色素沈着についても、ターンオーバーを進め、過剰なメラニンを排出することで、色むらを改善します。

健康な角質に生まれ変わるので、乾燥肌が改善し、ニキビもできにくくなります。

ほかにもニキビ治療の効果を高めるレーザ一治療や光治療、注入治療などを組み合わせると、難治性のクレーター状のニキビ痕も改善することができます。

ケミカルビーリングって何?

ケミカルビーリンクは皮膚に化学薬品(酸)を塗り、皮をほんの少し溶かすことで起こる現象を利用して行う治療。

使う薬液はクリコール酸、乳酸、リンゴ酸などのアルファヒ治療ドロキシ酸(AHA)、サリチル酸に代表されるベータヒドロキシ酸(BHA)など。

使用する薬剤の種類や濃度、施術時間によってその効果は違ってくるので、皮膚のタイプや状態に適した方法で行います。

顔だけでなく背中や腕、ヒップ、バストといったボディのケミカルビーリングも可能。

医師は皮膚の状態に応じて高濃度で酸性度の高い薬剤も使用でき、より効果的で安全、安心な治療が受けられます。

ケミカルビーリングは何に効くの?

日本皮膚科学会のケミカルピーリングガイドラインでは「にきび」「シミ」「小ジワ」の3つについて、ケミカルピーリンクを治療の選択肢のひとつとしてすすめています。

いずれもクリコル酸とサリチル酸(マクロゴール基剤)を使用するものです。

もっとも一般的なグリコール酸によるケミカルピーリングの具体的な効果としては、以下が挙げられます。

・角質細胞の結合をゆるめ、ターンオーバーを促進させて、シミ、くすみを改善する
・角層のセラミドが増え、ヒアルロン酸の産生が盛んになり、肌の水分保持力を高める。
・メラノサイトによるメラニン産生を抑制する。
・毛穴に詰まった皮脂を除去し、大きく聞いた毛穴入り口の過角化を改善して、毛穴を収縮させる。このため、活動性のニキビ、比較的新しいこキビ痕を改善する。
・コラーゲン線維、エラスチンなどの真皮成分の産生を促進させて、表皮直下の真皮を再構築させ、肌にハリが出る。