目の下にできるクマの種類と対処法

疲れて見える「くま」の種類

目の下の黒ずんだ部分を「くま」と呼び「茶ぐま」「青ぐま」「たるみぐま」の3種類があります。

くま対策はタイプ別に考えるとよいでしょう。

ただし、多くの場合、これらのいくつかが重なっています。

茶ぐまには美白剤や美白化粧品を

シミや色素沈着のある皮膚が茶色く見えるのが茶ぐま。

紫外線の影響、アイメイクの刺激、クレンジングの摩擦による炎症と色素沈着が原因です。

美白化粧品でのお手入れと、皮膚科での美白剤を使った治療がおすすめです。

紫外線対策をしっかり行うことと、摩擦などの刺激から肌を守ることが予防になります。

茶ぐまをメイクでカバーするときは、イエ口ー系のコンシーラーを塗ります。

伸びがよいタイプを使い、肌にポンポンと置いてそっとなじませます。

こすらないように注意を。

青ぐまには血行を促すケアを

下まぶたの皮膚が薄いため、静脈血の色味が透けて見えるのが青ぐま。

寝不足やストレス、冷え、加齢などの影響で目立ちやすくなります。

一時的な症状は睡眠やマッサージで改善できます。

ただし、加齢により、皮膚が薄くなってしまったことで症状が悪化している場合は、コラーゲン密度を高める医療系照射治療などでしか治すことはできません。

青ぐまをメイクでカバーするときは、伸びがよいオレンジ系のコンシーラーを使いましょう。

肌にポンポンと置いて、そっとなじませます。

こすらないように注意を。

たるみぐまは保湿&抗酸化対策を

目の下の皮膚を指で少しだけ下に引っ張ると、くまが消えるのが「たるみぐま」。

加齢と光老化によりコラーゲン線維やエラスチンが劣化し、皮膚がたるむことで起こります。

ヒアル口ン酸や皮下脂肪の量が減ることで凹みによる影ができると、より一層影が目立つことに。

さらに頬がやせ、支持組織が伸びてしまうとゴルゴ線が出てきます。

十分な保湿と紫外線対策、抗酸化対策でたるみを加速させないようにしましょう。

たるみぐまを目立たせなくする治療としては、伸びてしまった皮膚を引き締める医療系照射治療と凹みをボリュムアップさせるヒアル口ン酸注射がおすすめ。

黒ずみクリーム 口コミ