手や首にできるイボはなに??病気の可能性も!?

手のシミ?実は「イボ」かも

手のシミでクリニックを訪ねる方の半数以上がシミではなく老人性イボ(指漏性角化症)です。

色は淡褐色や黒色などさまざまで、少し隆起して表面がザラザラと凹凸しているのが特徴。

全身に見られます。

遺伝的素因や紫外線による影響でできると考えられていますが加齢による皮膚の老化現象のひとつでもあるため老人性疣贅とも呼ばれます。

時間の経過とともに徐々に大きくなって隆起し、2~3cmになることも。

気になる人は皮膚科医に相談を。

保険診療では液体窒素による凍結療法が一般的ですが、シミが残りやすいためC02レーザーで、の治療が向いています。

首にできた小さくて茶色いイボは?

首やデコルテに小さいイボのようなものが現れたら、それは「アク口コルドン」かもしれません。

これは皮膚の良性腫蕩です。

別名老人性イボ。

早ければ30歳ごろからでき始め、加齢とともに増えて、ゆっくりと盛り上がってきます。

原因は皮膚の摩擦などで、皮膚の老化現象のひとつとされています。

色は薄だいだい色、褐色系、黒色系で、濃さもさまざま。

大きさは1~数mmくらいで、わずかに盛り上がるものからイボ状に突出しているものまであります。

顔や首、デコルテによく現れますが、わきの下やビキニラインにもよく見られ、全身どこでも発生します。

チェックしてみましょう。

アクロコルドンを取ることはできるの?

アク口コルドンが増えると、美しいネックラインが、台無しになり老けて見えたり、ネックレスが引っかかって気になることも。

セルフケアで治すことは難しいのですが皮膚科での治療は可能。

炭酸ガスレーザーや手術用はさみを使って除去する治療法が主流です。

隆起した部分のみを炭酸ガスレーザーで蒸散させ、皮膚表面をごく浅く削り取ります。

傷はすりむいた程度の浅さなので、傷痕をほとんど残さずきれいに治ります。

液体窒素で凍結させる治療は保険適応ですが炎症後の色素沈着(シミ)が残ることがあるので審美的にはあまりおすすめできません。