ニキビの治療には保険適用外のケミカルピーリングが有効?

保険適用外のニキビ・ニキビ痕治療

保険適用外のニキビ治療として、もっともよく行われるのがケミカルピーリングです。

毛穴の入り口の詰まりをマイルドに溶かすことで、ニキビの悪化を防ぎ、治療を早めるだけでなく、新生を予防します。

また、ニキビ痕の色素沈着についても、ターンオーバーを進め、過剰なメラニンを排出することで、色むらを改善します。

健康な角質に生まれ変わるので、乾燥肌が改善し、ニキビもできにくくなります。

ほかにもニキビ治療の効果を高めるレーザ一治療や光治療、注入治療などを組み合わせると、難治性のクレーター状のニキビ痕も改善することができます。

ケミカルビーリングって何?

ケミカルビーリンクは皮膚に化学薬品(酸)を塗り、皮をほんの少し溶かすことで起こる現象を利用して行う治療。

使う薬液はクリコール酸、乳酸、リンゴ酸などのアルファヒ治療ドロキシ酸(AHA)、サリチル酸に代表されるベータヒドロキシ酸(BHA)など。

使用する薬剤の種類や濃度、施術時間によってその効果は違ってくるので、皮膚のタイプや状態に適した方法で行います。

顔だけでなく背中や腕、ヒップ、バストといったボディのケミカルビーリングも可能。

医師は皮膚の状態に応じて高濃度で酸性度の高い薬剤も使用でき、より効果的で安全、安心な治療が受けられます。

ケミカルビーリングは何に効くの?

日本皮膚科学会のケミカルピーリングガイドラインでは「にきび」「シミ」「小ジワ」の3つについて、ケミカルピーリンクを治療の選択肢のひとつとしてすすめています。

いずれもクリコル酸とサリチル酸(マクロゴール基剤)を使用するものです。

もっとも一般的なグリコール酸によるケミカルピーリングの具体的な効果としては、以下が挙げられます。

・角質細胞の結合をゆるめ、ターンオーバーを促進させて、シミ、くすみを改善する
・角層のセラミドが増え、ヒアルロン酸の産生が盛んになり、肌の水分保持力を高める。
・メラノサイトによるメラニン産生を抑制する。
・毛穴に詰まった皮脂を除去し、大きく聞いた毛穴入り口の過角化を改善して、毛穴を収縮させる。このため、活動性のニキビ、比較的新しいこキビ痕を改善する。
・コラーゲン線維、エラスチンなどの真皮成分の産生を促進させて、表皮直下の真皮を再構築させ、肌にハリが出る。