イボの基礎知識「種類と特徴」をご紹介

イボにも種類があるの?

イボで悩んでいませんか?

疣贅(イボ)はヒトからヒ卜へ感染する皮膚病で、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で生じます。

現在、HPVは150種類以上も異なるタイプがあるといわれており、感染したHPVのタイプにより尋常性疣贅、青年性扇平疣贅などが発症します。

イボができたらほうっておかず、皮膚科で診てもらいましょう。

代表的なイボの種類

●尋常性疣贅
皮膚科医が狭い意味で「イボ」というのはこのタイプ。

手足にできることが多く、えんどう豆大までの隆起性結節で、表面がガサガサしている。

爪の周囲はささくれが生じやすく、HPVが侵入し、イボができやすい部位。

足の裏のイポは体重がかかるため、あまり隆起せず、深く入り込むのが特徴でミルメシアと呼ばれることもある。

●青年性扇平疣贅
平滑で表面が平坦な褐色調のイボ。

顔、手の甲、予結(ひざから足首まで)にできやすく、青年期の女性に多く見られる。

●尖圭コンジローマ(性器イボ)
性行為や類似行為によって感染し、肛門周囲、外陰部、口腔内(口の中の空間内)に生じるイボ。

●ミズイボ
HPVウイルスではなく、伝染性軟属腫ウイルスというまったく別のウイルスが原因

イボの治療法は?

イボの治療法は凍結療法が一般的です。

難治性のものには炭酸ガスレーザー、くりぬき法、クルタルアルデヒドなどの外用療法、接触免疫療法、ヨクイニン内服療法なども行います。

保険診療で行われる液体窒素凍結療法は、1~2週間の間隔で繰り返し施術する必要があり、強い痛みを伴います。

炭酸ガスレーザ一治療は、病変部のみを蒸散させるので、治療期間は短く、メスを用いる手術よりも圧倒的に傷口はきれいに仕上がります。

最近ではロングバルスNd:YAGレーザ一高出力照射の有効性も報告されています。

イボはうつるの?

イボの原因はウイルスなので感染する可能性を秘めています。

しかし皮膚や粘膜は、解剖学的な構造や免疫の働きなどさまざまなバリア機構で守られており、健康な皮膚や粘膜には感染しにくいと考えられます。

ただし皮膚や粘膜が傷ついている場合、また免疫力が何らかの理由で低下している場合は、イボができやすかったり、治りにくくなるようです。

ア卜ピー性皮膚炎などで皮膚のバリア能力が低下しているときにはとくに注意が必要です。

手あれやささくれなどの小さな傷からもウイルスは侵入するので、イボができやすい人は手足の保湿を欠かさないようにしましょう。

顔にたくさんのイボが…

「顔にイボのようなものがたくさんできた」という場合は青年性扁平疣贅の可能性があります。

これはヒトパピ口一マウイルス(HPV)の感染によってできる良性腫蕩で、若い女性の顔や手によく発生し、自覚症状はありません。

少し盛り上がった薄だいだい色や褐色で、大きさは2~5mm程度。

ケブネル現象(外傷や紫外線照射などの刺激で皮疹が現れること)があるので顔剃りは厳禁。

突然、赤みが出てかゆくなると急速に症状が消えることがあります。

しかし難治の場合もあるので、気になる人は皮膚科ヘ。

治療は、ヨクイニンエキスなどの内服や、炭酸ガスレーザ一手術など。

目のまわりの白い粒は稗粒腫かも

目のまわりや頬、額などに白い小さな粒状のできものができたら、稗粒腫という女性に多く見られる良性の皮膚腫疹かもしれません。

別名、毛包性貯留嚢胞とも呼ばれ、真皮内に嚢胞性に拡張した毛包があり、中に角質などがたまったものです。

これは皮膚の炎症や傷がきっかけとなり、毛包、皮脂腺、汗腺などが壊れたあと、治癒する過程で生じるといわれています。

良性なので放置しても構いませんが、気になる場合は皮膚科に相談を。

局所麻酔使用後、針や炭酸ガスレーザーで、小さな穴を開け、内容物を圧出する簡単な処置で取ることができます。